時給相場は断然トップ
11月 13, 2015 — 1:22

就職難の時代が続き、フリーターとしてアルバイトをしながら日々の生活を支える人々が増えています。アルバイトで働く以上、やはり気になるのが時間当たりの給与、すなわち時給です。この時給は、厚生労働省が定める最低賃金を上回るように設定しなければならず、その最低賃金は地域によって金額が違っています。一般的に人口が多い地域の最低賃金が高くなる傾向があり、関東地方はやはり他の地域に比べて、時給の相場が高くなっています。関東地方でこの最低賃金がもっとも安いのが群馬県です。群馬県の最低賃金でも、東北地方で最低賃金が最も高い宮城県の最低賃金を上回っていることから、関東地方の時給相場の高さがわかります。関東地方の中で、最も最低賃金が高いのは東京です。同じ仕事をするのであれば、東京で仕事をしたほうが一時間あたりの時給は高く、より多くの給与を手に入れることができるということです。
最低賃金はその地域で仕事をする最も安い時給ですが、平均時給のランキングとはまた別の側面が出てくるかもしれません。いずれにせよ、東京の時給が他の地域に比べて圧倒的に高いのは間違いないようです。しかし、東京は家賃の相場も高く、生活していくうえでは他の地方に比べて物価が高い傾向にあるため、一概に東京でアルバイトに就いて生活するのが経済的に余裕のある豊かな生活につながるとはいえないのも現実です。また、時給がいいという理由だけで働くことを決めてしまうのは危険です。時給が良くても、ブラックバイトであれば意味がありません。求人を探すときは、時給だけでなく労働環境もリサーチしておきましょう。